日韓問題(初心者向け)

日韓問題について、初心者でもわかりやすい解説と、日韓問題とマスコミ問題の動画のテキスト版を投稿しています。

輸出管理強化

【ゆっくり解説】韓国関連報道は何でもあり

さて、本日は日本のマスコミによる韓国関連報道の問題に付いて扱っていきます。 本日の投稿動画 www.nicovideo.jp youtu.be 元記事 韓国に肯定的であればデマも容認されるマスコミ業界の風潮 http://ooguchib.blog.fc2.com/blog-entry-491.html 韓国に肯定的…

【ゆっくり解説】韓国人の正義part1/2

さて、本日は韓国人の行動原理としての「正義」について扱っていきます。 本日の投稿動画 www.nicovideo.jp youtu.be 元記事 韓国人の正義 - 日韓問題(初心者向け) 関連動画 【日韓問題】日韓で異なる「正しさ」の概念 前編 - ニコニコ動画 【日韓問題】日…

【ゆっくり解説】ファクトチェックとマスコミ part2/2

さて、本日は前回に引き続きマスコミによるファクトチェックの問題について扱っていきます。 本日の投稿動画 www.nicovideo.jp youtu.be 元記事 マスコミ業界の欺瞞 http://ooguchib.blog.fc2.com/blog-entry-464.html 注意 ・この動画は「マスコミ問題」を…

【ゆっくり解説】ファクトチェックとマスコミ part1/2

さて、本日はマスコミによるネットのファクトチェックにな関する内容を扱っていきます。 本日の投稿動画 www.nicovideo.jpyoutu.beYouTubeの修正版 youtu.be 元記事 マスコミ業界の欺瞞 http://ooguchib.blog.fc2.com/blog-entry-464.html関連動画 【ゆっく…

韓国的価値観のわかりやすい事例

多忙のため27日の記事はお休みします。 さて、本日はこれまで紹介してきた韓国的価値観が複数関わった事例が2つ起きているので、その件について扱っていきます。 初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。ブログ『日韓問題(初心者向け)』…

韓国は変わったのか?

※お知らせ 次回8月9日はお休みし、再開は8月16日を予定しています。 また、「暇つぶしにどうぞ」のほうは8月14日をお休みし、再開は8月21日、動画は8月13日をお休みし、再開は8月20日を予定しています。 さて、本日は最近日本の様々なメディアで「今の韓国」…

レーダー照射問題の不可解な幕引き

さて、本日は2018年末に発生した韓国海軍による自衛隊機へのレーダー照射問題に関して、幕引きのしかたがあまりにも不可解であるので、その件について書いていきます。 初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。ブログ『日韓問題(初心者向…

【ゆっくり解説】エコーチェンバーを指摘する記事がエコーチェンバー

さて、本日はタイトルにあるように、ネットのエコーチェンバーを指摘している記事自体がエコーチャンバー化している事例について扱っていきます。本日の投稿動画 www.nicovideo.jp youtu.be 元記事 エコーチェンバーを指摘する記事がエコチェンバーになって…

韓国社会にも「嘘はよくない」という共通認識はある

さて、本日はタイトルにもあるように、韓国発の「嘘」に関する特徴的なパターンについて書いていきます。 初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。ブログ『日韓問題(初心者向け)』を始めた理由 - 日韓問題(初心者向け)注意 ・このブロ…

【ゆっくり解説】輸出管理強化と韓国

さて、本日は輸出管理問題関連の第二回、韓国の反応関連を扱っていきます。 本日の投稿動画 www.nicovideo.jp youtu.be 関連動画 【ゆっくり解説】韓国社会と外華内貧 - ニコニコ動画 【ゆっくり解説】韓国社会と外華内貧 - YouTube【日韓問題】韓国人は記憶…

【ゆっくり解説】輸出管理強化とは何?

さて、本日は一連の韓国に対する輸出管理強化問題について、基礎知識部分を扱っていきます。 本日の投稿動画 www.nicovideo.jpyoutu.be 関連動画 【ゆっくり解説】ケンチャナヨとヒムドゥロヨ - ニコニコ動画 【ゆっくり解説】ケンチャナヨとヒムドゥロヨ - …

【ゆっくり解説】 マスコミの古い体質 part2/2

さて、本日は前回に引き続き20世紀からほとんど変化の無いマスコミの体質について扱っていきます。 本日の投稿動画 www.nicovideo.jp youtu.be 関連動画 【ゆっくり解説】日本学術会議の問題 part1/2 - ニコニコ動画 【ゆっくり解説】日本学術会議の問題 par…