日韓問題(初心者向け)

日韓問題について、初心者でもわかりやすい解説と、日韓問題とマスコミ問題の動画のテキスト版を投稿しています。

【ゆっくり解説】世界最小のネコ科 サビイロネコ

大変お待たせしました、番外編の変な生き物動画第12回、今回は世界最小のネコ科についてです。

本日の投稿動画
www.nicovideo.jp
youtu.be


以下は動画のテキスト版です。



レイム マリサ 大口
ゆっくりしていってね


大口
大変お待たせしました、変な生き物動画第12回、今回は世界で最も小さいネコ科動物の「サビイロネコ」について扱っていきます。


レイム
今回の「世界最小のネコ科」って文字通りの意味でいいの?


大口
そうだよ。
一応、もう一種「クロアシネコ」という小さいサイズのネコ科がいるのだけど、サビイロネコの方が平均サイズは小さいっぽいんだよね。


マリサ
まあ、人間もそうだが生き物って同種でも個体差が激しいしな。


大口
そういう事。


※今回、引用した出典などは都度紹介せず、同時掲載のブログのテキスト版の最後にまとめて掲載してみる事にします。


レイム
それで、「世界最小」ってどれくらい小さいの?


大口
それなんだけど、ずばりサビイロネコのサイズは35から48センチ、これだけだと「小さめなイエネコ」と同じように見えるけど、体重は1から1.5キログラムくらい、これはイエネコだと生後3か月くらいの子猫と同じなのね。


マリサ
つまりあれか。
このネコは大人になっても生後3か月の子猫と同じくらいの体格ってことか?


大口
そういう事。
ちなみにさっき紹介したクロアシネコの場合、体重は1.1から2.5キログラムなので、少しだけ大きいのね。
あとどっちの種もオスの方がメスよりも少し大きいみたいだね。




大口
で、サビイロネコはネコ科だけど、私たちが普段見かけるいわゆる「イエネコ」が「ネコ属」に分類されるのに対して、サビイロネコは「ベンガルヤマネコ属」に分類されていて、これは日本在来種のイリオモテヤマネコツシマヤマネコと同系統なのね。





大口
ちなみに、さっきちょっと紹介したクロアシネコはネコ属でイエネコと同じ属ね。


大口
あとイエネコとサビイロネコには色々と身体的特徴にも違いがあって、この画像がわかりやすいけど、耳がイエネコは三角なのに対して、サビイロネコは少し丸みをおびて足もずんぐりしていて、これがベンガルヤマネコ属の特徴なのね。




大口
あと面白いのが、生息地の農家に保護されたサビイロネコの子供の事例なんだけど、保護した人は最初ヒョウの子供と勘違いしていたようだから、写真以上に見た目には違いがあるんだろうね。



レイム
ああ、ネコといっても比較すると結構違いがあるのね。


大口
ちなみに、イエネコと同じネコ属のクロアシネコとの比較はこんな感じ。




マリサ
クロアシネコの方が普通に見かけるネコっぽいな。


大口
で、次に住んでいる場所なんだけど、これが結構ややこしくて、2010年代に入って生息域が大きく更新されているんだよ。


レイム
どういう事?


大口
以前はインド南西部とスリランカ熱帯雨林地域に住んでいると思われていたのだけど、その後インド各地で生息が確認されて、どうやら熱帯雨林地域に主に住んでいるのはスリランカの個体群のみで、インドではむしろ落葉樹林や乾燥地帯など、かなり広い範囲に住んでいる事が解って来たんだよ。



大口
で、更にややこしいのが、日本語版のウィキペディアにある生息域の地図は既に古くて、現在解っている範囲ではインドとスリランカ全域、そしてネパール南部の湿地帯にまで生息している事が解っているね。

旧版生息域
新版生息域


マリサ
という事は結構な数がいるのか?


大口
それが残念ながら、準絶滅危惧種に指定されていて、インド全域で推定1万頭しかいないと言われているのね。


レイム
でも生息範囲はインド全域とスリランカとネパールにまたがっているの?


大口
環境への適当性が高いのかなんなのか、インド南部では人口密集地域の廃屋に住んでいることが発見されたりしていて、人家近くの小型げっ歯類や家畜なども餌にしているから、地域によっては害獣として駆除されてしまったり、車に轢かれたり、或いは密猟者につかまって売られたりしているみたいなんだよ。


Release of a Baby Rusty spotted cat !
https://youtu.be/_0-VkRwT33w


大口
あと、寒さにもけっこう強いみたいで、スリランカでは標高2000メートル以上の高山地帯で発見されていたり、インド北部のカリーザー国立公園内でも発見されているから、暑いところでも寒いところでも結構たくましく生きて行けるみたい。



マリサ
というか、サビイロネコって野生のネコ科だろ?
密猟でペットとして捕まえても懐かないんじゃないか?


大口
一応、子猫のうちから育てれば人に慣れるとされているけど、まあ野生の家畜化されていない動物だからね、いくら小型で可愛いからと言って普通のネコと同じように接するのは無理だろうね。


大口
今現在サビイロネコを飼育している動物園もいくつかあるけど、それはあくまで「野生ネコ」として飼育しているし、19世紀の記録だけど、ペットとしてヨーロッパに持ち込まれたサビイロネコの記録として、若いガゼルと会わせたらガゼルのうなじにかみついて引きはがさないといけなかったって記録もあるから、個人で飼うのはいずれにせよ難しいだろうね。

ガゼル(大人)


レイム
まあ、どっちにしたって準絶滅危惧種って事はペットにするのも禁止でしょ?


大口
そうだよ。
現在の日本の法律では、懲役1年以下か100万円以下の罰金となっているね。
環境省のページにある種の保存法に関するページを見てみると、再犯の場合はこれよりもっと重くなるみたいだね。


マリサ
ところで、サビイロネコが小さいのはやっぱメキシコサンショウウオ、いわゆる「アホロートル」みたいな幼形成熟なのか?



レイム
そういえばサイズもイエネコの子猫サイズだし、見た目も幼く見えるわよね。


大口
それなんだけど、サビイロネコが幼形成熟ネオテニー)であるって説とかは調べた限りでは見つからなくて不明なんだけど、小型種はそれだけが理由ではないからねはそれだけではないからね。


マリサ
そうなのか?


大口
たとえば世界三大珍獣コビトカバみたいに、カバの祖先からカバへと進化していく過程で、カバが大型化していったのに対して「小さいまま」だったグループの生き残りがコビトカバだったという事例もあるし。



大口
他にも、ボルネオゾウみたいに、14世紀頃人為的にボルネオ島に移入されて野生化し、食料の乏しい島内に適応するために小型化した、いわゆる「島嶼化」のような事例もあるしね。



レイム
まあ、「小さい」のにも種によって様々な理由があるって事ね。


大口
あと、さっきも言ったようにサビイロネコは結構人家のそばにも生息しているので、インドに山のようにいる野良ネコとの交雑が危惧されているんだよ。


マリサ
そういえばインドって「野良」の生き物がいっぱいいるんだったな。
野良ネコやら野良イヌやら野良牛やら野良ヤギやら。


レイム
あれ?でもサビイロネコってベンガルヤマネコ属なのよね?
同じ属のツシマヤマネコイリオモテヤマネコはイエネコと交雑しないって聞いたことがあるけど。


大口
それはあくまで「一緒に飼われていても交尾しなかった」という記録があるだけで、1970年代にアメリカでネコ白血病の研究のためにベンガルヤマネコとイエネコの交雑実験が行われていて、その結果「ベンガル」という品種が生まれているんだよ。



大口
更には、この「ベンガル」とアフリカに生息しているカラカル属のサーバルの交配も行われ、その結果「サバンナ」って品種が生まれていて、どっちの品種も一応子孫が残せるんだよ。
「サバンナ」の方は流石に無理があるのか、色々と健康問題が起きてしまう場合もあるようだけど。

サーバル
サバンナ


マリサ
つまり、ベンガルネコ科のサビイロネコも、野良ネコが大量にいる環境に生息している以上、「交雑」が起きる恐れが常にあるって事か。


大口
ただまあ、人為的な飼育下で起きた事が、そのまま自然界でも起きるかどうかはまた別の話だから、「確実にそうなる」とも言えないんだよね。
警戒はしていたほうが良いのだけど。


レイム
近縁種同士での「自然界の交雑」に関しては、色々と賛否あるみたいで、「それも自然」と交雑を問題視しない人たちもいるみたいだけど、イエネコはアフリカ・中近東原産の「人為的な外来種」だしねぇ。


大口
実際、日本でもイエネコの室内飼いが推奨されている理由の一つに、イエネコによる在来種への被害がある程だから。


マリサ
なんかネコも色々と大変なんだな。


大口
そんなわけで今回の本編はここで終わります。


レイム マリサ 大口
ご視聴ありがとうございました。


大口
おつかれ~


マリサ
なあうp主、随分と長い「数日」だったな。


レイム
そういえばそうね。
1月に前回の動画を投稿した際には、「数日以内に」とか言ってたはずよね。


大口
い、色々あったんだよ!
テキストを何度も書き直したり、回線機器トラブルがあったり。


マリサ
そしてそのまま放置されたと。


大口
視聴者の皆様、申し訳ありませんでした。


大口
で、でもね、長引いたおかげで面白いネコ関連の小話を仕入れることができたんだよ。


レイム
というと?


大口
3月の事なんですが、友人の車の助手席に乗って、とある住宅街に通りかかったときに、手前の家の門柱に白黒の大きい野良猫が飛び上がろうとしているところが見えたんですよ。


大口
で、その猫をなんとなく目で追ってたら、ちょうど車が通り過ぎるときに門柱の上の猫と目があったんだよ。


大口
ところで、猫ってなんとなく雰囲気というか面影が人間に似ている個体がいるよね。


マリサ
ああ、たまに妙に顔つきが人間臭い猫いるよな。


大口
一瞬目があった猫はそのタイプだったんだけど、顔つきが「チャールズ・ブロンソン」だったんだよ。


レイム マリサ
は?


レイム
チャールズ・ブロンソンについて一応説明しておくと、1960年代から80年代頃に活躍したいわゆるダンディー系のハリウッド俳優ね。


マリサ
おいうp主、なんで撮影しておかなかったんだよ。


大口
車が通りすぎる一瞬、ほんの1秒か2秒程度の事だから無理。


レイム
それじゃ確認できないじゃない。


大口
まあそうなんだけど、「チャールズ・ブロンソン」で画像検索してもらえば、なんとなくイメージがわくんじゃないかな。


大口
そんなわけで今回はここで終わります。


レイム マリサ 大口
またいつか~



動画内での引用記事

サビイロネコ
International Society for Endangered Cats
https://wildcatconservation.org/wild-cats/asia/rusty-spotted-cat/

HB長さ:35-48 cm(13-19 ")
尾の長さ:15-30 cm(5.9-11 ")
高さ:約。20 cm(8インチ)
重量:1〜1.6 kg(2.2〜3.5ポンド)
ポップ。トレンド:減少

猫ラスティ・スポッティングベンガルヤマネコ属rubiginosus黒足の猫と競合ネコ属nigripesとコドコドLeopardusの guigna世界最小の野生の猫種として。それらは、ベンガルヤマネコの小さな「洗い流された」バージョンとして説明されています。

体は細身で飼い猫よりも小さいです。毛皮は短くて柔らかく、上部はグリズリした茶色がかった灰色で、程度の差はあれ、さび色の茶色の斑点があります。脚と胸には鉄棒があります。お腹と脚の内側は白です。彼らの頭は短く、丸みを帯びており、目の内側の端に2本の白い筋が付いています。各頬には赤褐色の縞がいくつかあり、あごと頬は白です。目はかなり大きく、灰色がかった茶色から琥珀色の虹彩があります。耳は短く丸みを帯びており、裏側は赤みがかった灰色で、明るい色の基底の耳の斑点があります。彼らの足は比較的短く、足の裏は黒い。尾は適度に長く、体よりもさびた色で、マークはありません。

分布

インド、スリランカ、そしてネパールでわずかに発見されたサビイロネコは、以前は湿った森にしか生息しないと考えられていました。最近の記録によると、猫は乾燥林、竹林、樹木が茂った草地、乾燥した低木地、岩だらけの丘の斜面でも発生します。

それらの存在は、インド北部の熱帯乾燥したGirForestで確認されています。スリランカでは、それらは海面から2,100メートルまで見られます。

これらの猫は、生息地と見なされている森林から離れた、インド南部の人口密集地域の廃屋に住んでいることが発見されました。家の周りのネズミやネズミ、そして近くの家禽が餌になる可能性があります。改変された生息地にある程度の耐性を示しており、スリランカの茶畑で子猫を飼っている雌が巣を作っているのが発見されました。

エコロジー

これらの猫は夜行性であると考えられていますが、その生活についてはほとんど知られていません。彼らは特に猛烈な獲物を捕まえる猛烈なハンターであるという評判がありますが、彼らの食事は小動物である可能性が高く、国産の鶏を捕まえるために殺されることがよくあります。

19世紀の自然主義者であるTCジャードンは、サビイロネコをペットとして飼っていました。それは彼の家の垂木で樹上性リスを狩りました。若いガゼルに紹介されたとき、猫はすぐに首のうなじでそれをつかみ、それが手放す前に引き抜かなければなりませんでした。

サビイロネコは熟練した登山家であり、おそらく地面だけでなく木でも狩りをします。スリランカでは、特に大雨の後、翼のあるシロアリを食べて、シロアリの丘の近くで観察されています。

インドのグジャラート州東部では、彼らは洞窟で観察され、大きな岩の隙間に避難していました。彼らは草や竹の茂みで待ち伏せをしたり、大きな木の枝で狩りをしたりして、地面の獲物に直接飛び乗った。猫がLeopardの猫密なカバーでより多くの森林の端に発見されたように、領域を栽培好む小型げっ歯類は、彼らの主な獲物だったベンガルヤマネコ属ベンガルとヒョウパンテーラpardusが発見されました。モンスーンの季節の間、ジャングル猫ネコ属はchaus両生類の獲物へのラスティ・斑点の生息地に移動し、小さな猫は自分より大きないとこから自分の距離を保ちました。

再生

サビイロネコの繁殖行動は飼育下で観察されており、飼い猫とほぼ同じです。交配は1分から5分続き、1日に何度も繰り返すことができます。ほとんどの猫は約3日間発情し続けますが、メスが交配していない場合はさらに長くなります。繁殖は飼育下で季節的ですが、2月に2匹の野生の子猫が見つかりました。

妊娠約67日後、人里離れた巣穴で1〜3匹の子猫が生まれます。新生児の体重は卵よりも軽いです。子猫は大人のさびた斑点を欠いており、彼らの菖蒲は水色です。それらの発達については何も知られていないが、それはおそらく国内の子猫のそれとよく似ている。寿命は12年で、飼育下で報告されています。

保全

サビイロネコは常に珍しいと考えられてきましたが、最近の観察では、以前考えられていたよりも一般的であることが示唆されています。彼らの小さなサイズと齧歯動物を制御する能力を考えると、彼らは人間に迫害されなくても生き残ることができます。しかし、これらの猫はしばしば誤ってヒョウパンテーラパルダスの子として迫害され、皮や肉を求めて狩られ、飼い犬に殺されます。

これらの小さな猫への主な脅威は、インドとスリランカの増え続ける人口のニーズによる彼らの自然の生息地の破壊です。野生の家畜との交雑も観察されています。野生のサビイロネコの状態については何も知られていません。

他の二つの小さな猫種、と比較しクロアシネコ アフリカとのコドコド南米の。

レンジマップIUCNレッドリスト(2008)

サビイロネコは小さな野生の猫です
HowStuffWorks Aug 12, 2020
https://animals.howstuffworks.com/mammals/rusty-spotted-cat.htm


動物界の他の多くの愛らしいかわいい種のいくつかと並んでその正当な場所を取っている-コアラ、パンダ、極キツネ、ミーアキャットなどを考えてください-さびた斑点のある猫(Prionailurus rubiginosus)は、たまたま知られています世界最小の野生の猫として。

「それはクロアシネコとコドコドとタイトルを争います」とローバーの認定されたプロの犬のトレーナーであるニコール・エリスは電子メールのインタビューで言います。エリスは15年以上にわたり、クマやトラ、馬から猫や犬まで、あらゆるものを扱ってきました。「「猫の家族のハチドリ」と呼ばれるこの子猫のような猫は、手のひらに収まります。」

それで、彼らはどのように見えますか?

「多くの人が、サビイロネコをヒョウの小さいバージョンで、足が短く、耳が丸くて小さいと説明しています」とエリスは言います。「それは、その美しい赤みがかった灰色のコートに沿った多くのさびた茶色の斑点からその名前が付けられました。」

暗い縞のデュオが各頬に沿って走り、4つの縞が猫の目の上、耳の間、肩に沿って伸びてから、細長いスポットに向かって先細りになります。これらの細長い斑点は、脇腹にもかすかなさびた茶色の斑点やしみの形で見られます。一方、喉、胸、腹は白ですが、大きな黒い斑点とバー(ヒョウのような)があります。サビイロネコはまた、小さな丸い耳、黒い底の足、そして体長の半分強の尾を持っています。

この猫のミニチュアメイクについては、「通常の飼い猫の約半分のサイズです」と、doglab.comの獣医コンサルタントであるSaraOchoaは電子メールのインタビューで述べています。エリスは次のように付け加えます。「サビイロネコは完全に成長し、体は約1フィートから20インチ(30から50センチメートル)です。尾は通常さらに6インチ( 15センチ)から1フィートの長さ。」
彼らは今日どこにいますか?

この種はインドとスリランカに限定されていると考えられていましたが、写真の証拠はネパールのバルディア国立公園にサビイロネコがいることを示しています。

さらに、サビイロネコはかつて湿った森にしか生息しないと考えられていましたが、乾燥した竹林、樹木が茂った草地、乾燥した低木地帯、岩だらけの丘の斜面でも発見されています。彼らはまた、廃屋に住んでいることも発見されました—おそらくネズミやネズミのうろつきに。

そのような小さな猫はかなり柔和だと思うかもしれませんが、それは正反対になる傾向があります。これらの夜行性の生き物は、激しいハンターであるという評判があります。実際、19世紀の自然主義者であるTCジャードンは、ペットとして1匹を所有しており、彼の家の垂木で樹上性リスを狩っていました。若いガゼルに紹介されたとき、猫はすぐに首のうなじでそれをつかみ、それが手放す前に引き抜かなければなりませんでした。

猫の狩猟能力を助けますか?人間の目よりもほぼ6倍敏感な目(潜在的な危険や獲物をすばやく拾うのに役立ちます)と、領域の調査に役立つ非常に敏感な耳。「彼らは齧歯動物や鳥のような小動物の餌で生活しています」とエリスは言います。「彼らは有能な登山家であり、木々でも狩りをします。その大きさで非常に激しいことで知られており、時にはより大きな獲物を攻撃します。」
彼らはどのように交尾しますか?

サビイロネコの繁殖行動は飼い猫と似ており、交配は1分から5分の間続き、その後1日に何度も繰り返されることがよくあります。飼育下では、彼らはチームメイト年間を通じて、2人の新しい個人が相互に導入された後、相手の活動はどこでも1〜72日を開始します。妊娠期間は67日から71日です。各同腹子には、それぞれ約1.6オンス(46グラム)の体重の子猫が1〜3匹含まれています。
今日、世界には何人残っていますか?

サビイロネコが飼育下に存在することが知られているのはわずか40〜50匹で、野生に存在すると言われているのは約10,000匹です。その少数は、主にインドとスリランカの絶え間なく増加する人口による自然生息地の喪失に起因し、毛皮を探しているハンターと相まって、国際自然保護連合で珍しいネコ科動物に「脆弱」な地位を与えています。

肉食動物と動物の行動(サビイロネコを含む)を研究したネバダ野生生物研究者のダニエルマイルズによると、現在、猫の自然の生息地を保護し、より多くの空間を発達から保護することに焦点が当てられています。2020年1月のBoredPandaの記事のインタビューで、「変化のない風景を保護することは、サビイロネコに将来の利益をもたらすだけでなく、それらの生態系のすべての種に生息地を提供するでしょう。まだ発見されていません。」

それで、彼らはどれくらい生きますか?「飼育下では、彼らは10年から12年生きます」とオチョアは言います。「野生では、これらの動物はサイズが小さく、性格が非常に恥ずかしがり屋であるため、あまり一般的に見られないため、見分けるのは非常に困難です。」
あなたはそれを所有できますか?

このかわいい小さな生き物を飼いならすことが可能かどうか疑問に思いますか?要するに、違います。サビイロネコはかわいくて賢く、サイズが管理しやすく危険性が少ないため、サビイロネコを飼いたいと思うかもしれませんが、実際のところ、これらの状況は通常はうまくいかず、動物は安楽死させるか、キツネザル島のように救助にかけます。

「それはおそらく所有するのに最適なペットではありません」とOchoaは言います。「あなたが住んでいる州によっては、違法であるか、所有するために多くの事務処理が必要になる場合があります。ほとんどは動物園によってのみ所有されています。」

プネ:世界最小の猫の45日齢の子猫が救出され、母親と再会しました
インドエクスプレス(英語) 2021年10月9日
https://indianexpress.com/article/cities/pune/45-day-old-kittens-of-worlds-smallest-cat-rescued-reunited-with-their-mother-7561408/


WILDLIFE SOSとマハラシュトラ森林局は、プネ地区のアンベガオンテシルのチンコリ村で見つかった45日齢のサビイロネコを救助しました。簡単な健康診断の後、子猫(オス1匹とメス1匹)は母親と再会しました。2匹の猫は農民によって発見されました。農民は彼らをヒョウの子と誤って識別しました。彼らはすぐにマハラシュトラ森林局に連絡し、マハラシュトラ森林局は次に野生生物SOSチームに警告しました。野生動物のSOS医師であるニキル・バンガー博士が現地調査を実施し、2匹の猫が45日齢のサビイロネコであることを確認しました。

WildlifeSOSのCEOであるKartickSatyanarayanは、次のように述べています。IUCNレッドリストの「近危急種」のステータスにより、子猫を母親と安全に再会させ、自然の生息地に安全に戻すことが非常に重要でした。」

カメラとの偶然の出会いは、インドのサビイロネコに新しい光を投げかけます
Science(英語) 06/02/2021
https://science.thewire.in/environment/rusty-spotted-cats-camera-trap-images/


サビイロネコはさまざまな生息地で見られ、人間が支配する風景に耐えることができます。写真:著者提供。

画面上の写真はゆっくりと読み込まれ、少しずつピントが合います。ひげ、小さな足、猫の耳…私たちのカメラトラップ(モーショントリガー赤外線カメラ)が捕らえたのは、さらに別の飼い猫なのだろうか。私たちの興奮は薄れます–すぐに生き返るだけです。

いいえ、これは違います。はるかに、はるかに異なります。

写真は、サビイロネコ(Prionailurus rubiginosus)で、フェリド科の最小のメンバーです。個人の体重はわずか1キログラムです。それらの小さいサイズ、とらえどころのない性質、および夜間の習慣は、それらを世界で最も研究されていないネコ科の動物の1つにし、多くの差し迫った質問を残しています。

2013年のいつか、サビイロネコの最初のカメラトラップ写真を入手しました。それ以来、カメラトラップは、カルナタカ州の野生の風景の中のフィールドサイト全体の複数の場所でそれらを見つける貴重な機会を提供してくれました。

サビイロネコは、落葉樹林、低木地、草地、岩の露頭、植林地、農地など、さまざまな生息地で見られます。この種は、インド、ネパール、スリランカでのみ見られます。2017年、研究者は3つの亜種を特定しました。1つはインドとネパール(P. rubiginosus rubiginosus)、2つはスリランカ( P.rubiginosusphillipsiとP.rubiginosuskoladivius)です。

赤みがかった灰色の斑点のあるコートにちなんで名付けられたこの小さな野生の猫は、大きな目とはっきりと長い、ふさふさした尻尾で、多くの人々から「awww」の合唱と喜びの鳴き声を簡単に引き出すことができます。

しかし、動物の外見は、生息地の喪失、断片化、飼い猫との交雑などの脅威から個体群を保護するために多くのことを行うことはできません。特に生息地の喪失は、森林地帯の農業への広範な転換と、人間の居住地および工業地帯の拡大によって引き起こされています。サビイロネコは家禽を捕食するため、「害獣」として迫害されやすくなります。

猫はまた、違法な野生生物取引に対してより脆弱になっています。「かわいい」サイズを超えることのない小さなペットとして、またはその毛皮のために販売されることです。

サビイロネコは野生で生き残っていると推定される成熟個体が10,000頭未満であるため、IUCNレッドリストに「近危急種」として記載されています。インドでは、最高レベルの法的保護である1972年野生生物(保護)法のスケジュールIに基づいて保護されています。

レンズを通してスパイ

2013年から2020年の間に、私たちのカメラトラップは、カルナタカ州のサビイロネコの分布に関するかなりの有用な情報を収集しました。私たちの研究はもともとヒョウ(Panthera pardus)の画像をキャプチャすることでしたが、サビイロネコの1,195枚の写真も偶然に拾いました。

この種は、トラ保護区、野生生物保護区、国立公園、その他の多目的森林地域など、24の調査サイトのうち19の画像に表示されています。保護地域とは別に、タラカドゥ州有林やマイデナハリ保護区などの小さな孤立した場所にこれらの猫がいることも記録しています。

また、人間が支配する地域から猫の写真記録を取得しました。これは、猫がある程度の人間の妨害に耐えることができることを示唆しています。

悲しいことに、これらの分野の多くは大規模な開発活動によって脅かされています。

小さな野生の猫、マングース、ジャコウネコ、イタチ、アライグマなどの小さな肉食動物は、指標種になる可能性があります。彼らがうまくいっていれば、それは彼らが属する生態系もうまくいっていることを意味する可能性があります。これは、これらの動物は、大型の肉食動物よりも必要な資源を選択する傾向があるためです。

公理的には、特定の領域にそれらが存在しないことは、何かが間違っている可能性があることの初期のヒントである可能性があります。具体的には、これらの小さな肉食動物が必要とするいくつかの主要なリソースの枯渇を示します。

その中の小さな猫は害虫駆除剤でもあり、同じ生態系のより大きな種の餌食にもなります。

したがって、カメラトラップの研究、逸話、および日和見主義的な目撃のおかげで、さびたむらのある猫は、長い間見られていたほど珍しいものではないことがわかりました。とは言うものの、それらの分布記録はインドとネパールではまだかなり斑点があり、これらの国では公表された存在量の推定値はありません。

偶然のカメラトラップ画像のおかげで、推定範囲について私たちが知っていることは、実際にはカルナタカ州に限定されており、これも不完全です。これらの空白を埋めるためには、より堅牢で、調整され、よく計画された研究が必要です。

Phalguni Ranjanは科学と保全のコミュニケーターとして働いている海洋生物学者であり、AmritaMenonはカルナタカ州のヒョウ保全プロジェクトの研究関連会社です。どちらもWesternGhats Programme、NatureConservationFoundationに所属しています。

レワリのアラバリ山脈でカメラに捕らえられた珍しい野生の猫
THE TIMES OF INDIA(英語) Feb 15, 2022
https://timesofindia.indiatimes.com/city/gurgaon/rare-wild-cat-caught-on-cam-in-aravalis/articleshow/89577572.cms


グルガオン:国際自然保護連合によって「近危急種」と記載されているサビイロネコ(Prionailurus rubiginosus)が、ハリヤナ州南部で最初に目撃されたレワリのアラバリ山脈で発見されました。専門家によると、それは最小の猫種であり、インド、ネパール、スリランカでのみ見られます。それは、2014年12月と2015年4月にヤムナーナガルのカリーザー国立公園で以前に発見されました。

とらえどころのない野生の猫は、先週、アショカ大学の野生生物研究助手によって設置されたカメラトラップによって目撃されました。 Rakesh Ahalawatは先週、アラバリ山脈の野生生物の存在を評価するために、半径5km以内のジャジャールのマネティ村の周りにそのようなカメラをいくつか設置しました。
「サビイロネコがここで初めて発見されました。先週2回見ました。カメラトラップに非常に短時間表示されます」とAhlawat氏は述べています。彼のカメラは、シマハイエナ、ニルガイ、ジャッカル、ヤマアラシ、インドのジャコウネコ、ヤシのジャコウネコ、アカマングース、灰色のマングース、ジャングル猫、イノシシ、ウサギなど、他の野生動物の画像もキャプチャしました。

森林局によると、ここでは人口が少ないため、これは南ハリヤーナでの猫の最初の目撃です。 「この地域にはサビイロネコがいますが、見られません。アラバリ山脈の近くの8つの村の周辺には、森林が継続的に覆われていることがわかったため、カメラトラップを設置する予定です」と、レワリの森林局長であるサンダーサンバリヤは述べています。
猫は封鎖中にランタンボールタイガー保護区で、そして約3年前にサリスカタイガー保護区で目撃されました。野生動物の専門家であるアニルガンダスは、次のように述べています。この種の個体数は非常に少なく、発見することは非常にまれです。」
森林当局によると、カメラトラップは、アラバリの丘の近くにある10の村、パラ、アーロッド、バスデューダ、コール、マネティ、バルキ、マジュラ、ナンダ、バルワリ、カレータからなるレワリのコールブロックの約1,000ヘクタールのエリアに設置される予定です。

「これらの目撃情報は、アラバリ山脈には野生生物が豊富にあり、保護する必要があることを示しています」と野生生物活動家のヴァイシャリ・ラナ・チャンドラは述べています。
州の野生生物局はまた、野生生物の国勢調査を実施するために、今年アラバリ山脈全体に100を超えるカメラトラップを設置することを計画しています。昨年計画されたが、Covidのために延期された調査は、同省とインド野生生物研究所が共同で実施する予定です。

サビイロネコは小さな野生の猫です
HowStuffWorks(英語) 2020年8月12日
https://animals.howstuffworks.com/mammals/rusty-spotted-cat.htm


コアラ、パンダ、ホッキョクギツネ、ミーアキャットなど、動物界の他の多くの愛らしいかわいい種と並んでその正当な位置を占めているのは、サビイロネコ(Prionailurus rubiginosus)です。世界最小の野生の猫として。

「それはクロアシネコとコドコドとタイトルを争います」とローバーの認定されたプロの犬のトレーナーであるニコール・エリスは電子メールのインタビューで言います。エリスは15年以上にわたり、クマやトラ、馬から猫や犬まで、あらゆるものを扱ってきました。「猫の家族のハチドリと呼ばれるこの子猫のような猫は、手のひらに収まります。」

それで、彼らはどのように見えますか?

「多くの人が、サビイロネコをヒョウの小さいバージョンで、足が短く、耳が丸くて小さいと説明しています」とエリスは言います。「それは、その美しい赤みがかった灰色のコートに沿った多くのさびた茶色の斑点からその名前が付けられました。」

暗い縞のデュオが各頬に沿って走り、4つの縞が猫の目の上、耳の間、肩に沿って伸びてから、細長いスポットに向かって先細りになります。これらの細長い斑点は、脇腹にもかすかなさびた茶色の斑点やしみの形で見られます。一方、喉、胸、腹は白ですが、大きな黒い斑点とバー(ヒョウのような)があります。サビイロネコはまた、小さな丸い耳、黒い底の足、そして体の長さの半分強の尾を持っています。

この猫のミニチュアメイクについては、「通常の飼い猫の約半分のサイズです」と、doglab.comの獣医コンサルタントであるSaraOchoaは電子メールのインタビューで述べています。エリスは次のように付け加えます。「サビイロネコは完全に成長し、体は約1フィートから20インチ(30から50センチメートル)です。尾は通常さらに6インチ( 15センチメートル)から1フィートの長さ。」
彼らは今日どこにいますか?

この種はインドとスリランカに限定されていると考えられていましたが、写真の証拠はネパールのバルディア国立公園でサビイロネコを示しています。

さらに、サビイロネコはかつて湿った森にしか生息しないと考えられていましたが、乾燥した竹林、樹木が茂った草地、乾燥した低木地帯、岩だらけの丘の斜面でも発見されています。彼らはまた、廃屋に住んでいることも発見されました—おそらくネズミやネズミのうろつきに。

そのような小さな猫はかなり柔和だと思うかもしれませんが、それは正反対になる傾向があります。これらの夜行性の生き物は、激しいハンターであるという評判があります。実際、19世紀の自然主義者であるTCジャードンは、ペットとして1匹を所有しており、彼の家の垂木で木のリスを狩っていました。若いガゼルに紹介されたとき、猫はすぐに首のうなじでそれをつかみ、それが手放す前に引き抜かなければなりませんでした。

猫の狩猟能力を助けますか?人間の目よりもほぼ6倍敏感な目(潜在的な危険や獲物をすばやく拾うのに役立ちます)と、領域の調査に役立つ非常に敏感な耳。「彼らは齧歯動物や鳥のような小動物の餌で生活しています」とエリスは言います。「彼らは有能な登山家であり、木々でも狩りをします。その大きさで非常に激しいことで知られており、時にはより大きな獲物を攻撃します。」
彼らはどのように交尾しますか?

サビイロネコの繁殖行動は飼い猫と似ており、交配は1分から5分の間続き、その後1日に何度も繰り返されることがよくあります。飼育下では、彼らは一年中交配し、交配活動は、2人の新しい個体が互いに紹介されてから1日から72日の間のどこかで始まります。妊娠期間は67日から71日です。各同腹子には、それぞれ約1.6オンス(46グラム)の体重の子猫が1〜3匹含まれています。
今日、世界には何人残っていますか?

サビイロネコが飼育下に存在することが知られているのはわずか40〜50匹で、野生に存在すると言われているのは約10,000匹です。その少数は、主にインドとスリランカの絶え間なく増加する人口による自然生息地の喪失に起因し、毛皮を探しているハンターと相まって、国際自然保護連合で珍しい猫に「脆弱」な地位を与えています。

肉食動物と動物の行動(サビイロネコを含む)を研究したネバダ野生生物研究者ダニエルマイルズによると、現在、猫の自然生息地を保護し、より多くの空間を発達から保護することに焦点が当てられています。2020年1月のBoredPandaの記事のインタビューで、「変化のない風景を保護することは、サビイロネコに将来の利益をもたらすだけでなく、それらの生態系のすべての種に生息地を提供するでしょう。まだ発見されていません。」

それで、彼らはどれくらい生きますか?「捕われの身で、彼らは10年から12年生きます」とオチョアは言います。「野生では、これらの動物はサイズが小さく、性格が非常に恥ずかしがり屋であるため、あまり一般的に見られないため、見分けるのは非常に困難です。」
あなたはそれを所有できますか?

このかわいい小さな生き物を飼いならすことが可能かどうか疑問に思いますか?要するに、違います。サビイロネコはかわいくて賢く、サイズが管理しやすく危険性が少ないため、サビイロネコを飼いたいと思うかもしれませんが、実際のところ、これらの状況は通常はうまくいかず、動物は安楽死させるか、キツネザル島のように救助にかけます。

「それはおそらく所有するのに最適なペットではありません」とOchoaは言います。「あなたが住んでいる州によっては、違法であるか、所有するために多くの事務処理が必要になる場合があります。ほとんどは動物園によってのみ所有されています。」